暖かいだけじゃない

裁縫

魅力いっぱいの素材

ウールという生地について、あなたはどれくらい知っていますか。羊の毛で作られた動物繊維のことをウールと呼びます。日本に輸入されるウールのうちの80%はメリノ種という種類の羊の毛で作られたメリノウールです。羊の毛でできている天然素材なので、自然にもやさしいエコな素材と言えます。クリンプと呼ばれる縮れがあり、その中にたくさんの空気を含んでいるため熱伝導率がとても低く保温効果が高い素材です。そのため、寒い季節に着用すると体温を逃さいので暖かく感じるのです。・汚れが付きにくい 撥水性に優れているため、雨や泥などの水滴をはじくことができ、汚れが付きにくいという特徴があります。非常に弾力性に富んでいるので、しわになったり型崩れを起こしにくい素材です。また、もししわになった場合でも生地に蒸気を当てるとすぐにしわが伸びて元に戻ります。さらに、湿気をよく吸うという特徴をもっています。意外なことに、暑い季節にウール生地でできた洋服を着ると、かいた汗が蒸発する際に、気化熱を奪うため涼しく感じられるのです。また、万が一火がついても、合成繊維のように燃え広がらずにすぐに燃え止まる性質があります。このようにウールという素材にはたくさんの魅力があります。またウールは生地でも売られているので、それを使ってしてオリジナルの洋服や雑貨を作ってみるのも素敵かもしれませんね。近年では、生地専門の通販サイトも充実しているのでお気に入りの一枚に出会えることでしょう。

Copyright© 2018 ウールを生地の魅力に迫る!【撥水性の高さも特徴】 All Rights Reserved.